保険

学資保険は必ず入る必要があるのか?返戻率は?ソニー生命を検討していた我が家の判断は

こんにちは、サラリーマンJINジンです。

お子様のいるご家庭の皆さんは学資保険に加入していますか?

我が家も当時はかなり悩みました。

今ではもう小学生なので今から加入することはできませんが結論から言って当時加入しなくてよかったと思っています。

その理由は返戻率の低さにあります。

プロの保険会社さんは広告費や人件費を加入者の保険料から差し引かれています。

どこの会社でも利益を出さなければいけないので否定はしませんがはっきり言って時間の無駄です。

それなら20年後に解約できる生命保険に入った方が全然いいのでは?と感じてしまします。

今回はそんながっくし保険について考えてみました!

現在の学資保険

学資保険(がくしほけん)とは

子供の入学時や進学時に祝金や満期保険金(まんきほけんきん)を受け取ることができる教育資金を準備するための貯蓄型の保険です。通常、契約期間中に契約者である親が亡くなった場合でも、それ以降の保険料の支払いが免除され、祝金や満期保険金を受け取れます。

要は子供の教育資金が大学や専門学校で結構な額が必要になるので子供が小さい間から積み立てていこうという商品です。契約者が万が一亡くなっても支払い免除や満期保険金が受け取れるとうことで死亡保障の付いた保険商品ですね

保険料は毎月12000~15000円を積み立てて行き満期の保険金200万円を18歳か22歳ぐらいに受け取るという流れです。

毎月12000ぐらいなら支払えるかも!ということで始める人がほとんどかと思います。

子供の為に考えてあげることはすごく素晴らしいことなのですが、今の日本の低金利の時代ではほとんど増えなくインフレによる物価上昇にとても耐えれそうにありません。約20年という長期の戦いになるので他にもいい方法がないのか探してみたいものです。

現在のランキングで上位の返戻率は105%?

30歳男性の家庭に子供が産まれました。

早速学資保険を探して加入したとします。

毎月の保険料は約14000円

支払いは子供が11歳の時点で支払完了です(支払い済み)

あとは子供が18歳の時点で100万円を受け取り、22歳の時点で残りの100万円を受け取ります。計200万円が満期受取金。

払込保険料総額

払込保険料総額 1,894,728円

戻り率

戻り率 約105.5%

受取総額

受取総額 2,000,000円

 

毎月約14000×12ヶ月×11年=1894728円を総額支払って受け取る金額は2000000万円

差額は105272円

22年間かけて積み立てて(実際には11年)約10万円の利息ではメリットを感じられるでしょうか?

他にも良い方法はないのか?ということで

私の時代の数年前も対して今と変わらなかったので加入しませんでした。

我が家がとった対応策

TIME IS MONEY 時間をかけて殖やして行くにはあまりにも効率が悪いと感じたので我が家は子供名義の口座に児童手当やお年玉、祖父母からの援助はひたすら貯金しました。

まずは預貯金を増やさなければ何にも投資できなかったからです。

学資保険に加入したつもりで毎年子供へのお金は預貯金へ回しました。

そして10年が経つ頃には200万円に到達したので半分の100万円を一括で7年満期の商品を契約しました。

利息(配当金)は2%なので100万円に対して年間20000円(税引き後約16000円)×7年後=112000円の利息が付くので子供が18歳の時までに10万円以上の利息は確保できそうです。

残りの100万円は未だに銀行に眠っているのでなんとかしなければと検討中です。

何が言いたいのかというと出口(18歳か22歳に200万円貯める)を決めておけば子供の資産を形成する方法はいくつもあるということです。

私は預貯金もそんなにない状態で毎月14000円引き落としされるのは好きではありません。

・学資保険に14000円

・生命保険に10000円

・個人年金に13000円

・確定拠出年金イデコに20000円

・積み立てNISAニーサに33000円

・車のローンに20000円

・家のローンに80000円

すべてが借金ではありませんが毎月19万円近く積み立てたり引き落とされるのは気持ち的にしんどいです。

これが我が家だと生活ができなくなってしまいます(´・ω・`)。

このような例ではまずは負債(ローンの返済)を優先しないといけません。

ニーサやイデコのプラスの金利より引かれるローンの金利の方が高いからです。

幸い我が家は今のところ負債はありません。

ですのでまずは余裕資金を貯めてある程度の預貯金が貯まってからでも子供の資産を増やすことは可能です。

まとめてみると

すでに学資資金を準備されている方は改めて加入する必要はありません。

しかし、貯金のできない浪費家のご家庭では強制的に定期的に引落してくれる何らかの保険に加入した方がいいでしょう(^_^;)。

約20年という長いスパンでの運用で初めに立て替えてあげれる余裕資金があれば海外で複利の効果を利用するのが一番効率的だと思いますが其の辺ご家庭の考え方にもよるので何とも言えません。

他の記事も参考にしてみてください。


今の保険で大丈夫か?面談は無料ですし、契約する必要はありません。

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧