海外送金

海外送金する方法としてPayforexペイフォレックスを利用しました。香港への手数料はどれぐらい?

JINジン
JINジン
こんにちは、サラリーマンJINジンです。

 

前回にも一度海外送金で利用したことのあるPayforex「ペイフォレックス」↓

海外送金はペイフォレックス 

ですが、今回は前回と比較できるように金額を変えて送金手数料が無料になる金額(USDだと5000USD)で送金してみました。

※ペイフォレックスホームページより出典

最終的に香港の口座に着金する額はいくらなのか?

実際にかかった金額を比べてみましたので海外送金をお考え中の方は参考になると幸いです。

 

ペイフォレックス PayForexについて

 

海外と取引方などの仕事をされている方

海外に送金する機会が多い個人・法人のお客様は、インターネットでいつでも送金可能なPayForexが便利です。大口の外貨送金ならば送金手数料は無料、口座開設から送金手続きまですべてオンラインで完結です!

香港・マレーシア・ネパール・中国・ベトナムへ送金される方

PayForexでは、スピード送金対象エリア-香港・マレーシア・ネパール・ベトナムへは原則24時間以内(営業日)に送金されます。中国へも人民元送金2.0のご利用で原則24時間以内(営業日)に送金されます。

海外にいる家族や自分の口座へ

日本にいる外国人の方から母国にいるご家族へ、海外在住の日本人のご家族へ、生活費など定期的に送金するならインターネットでいつでも送金可能なPayForexが便利です。ご自分の海外銀行口座への送金ももちろん可能です。

※ペイフォレックス公式サイトから引用させて頂いています。

利用者は上記のような方がメインになります。

私も自分の海外の口座への送金方法として海外送金する場合は、こちらのペイフォレックスを利用しています。

一度送金を経験しているので送金先の口座番号もそのまま利用できるので、手続きは銀行や郵便局の数倍早い時間で送金が完了します。

100万円以上を送金する場合は数回に分ける必要がありますが数万~100万円未満の利用者の場合は安くて早くて便利だと感じました。

 

これから検討してみたいという方はこちらから。

口座の開設

口座の開設はこちらを参考にしてください。

ペイフォレックスのユーザー登録から口座開設まで

紹介プログラムのリンク先はこちら

開設する予定があるならどちらにもメリットがある紹介プログラムからの利用がお得です。

口座開設後の流れは下記のようになります。

開設後はペイフォレックスの自分用口座への送金になります。

三井住友銀行間での送金が手数料かからないので利用しました。

①まずはシュミレーションで5000USDを外貨両替した時に必要な金額を計算します。

5000USDに両替するには日本円で563150円必要です(2018年9月)。

ということで、自分の口座から57万円を国内のペイフォレックスの自分専用の口座へ送金しました。

 

 

②あとは前回と同じように香港へのスピード送金を利用しました。

手数料は?

ペイフォレックスでは以下のような手数料になっています。

手数料 負担者 説明
送金手数料 送金人 PayForexでは送金額および送金通貨ごとに手数料が異なり、大口の外貨送金だと無料になります。 詳しくは「送金手数料一覧」をご確認ください。
リフティング チャージ 送金人 通常、邦銀等で円送金(外貨両替せずに円貨で送金)をする場合にかかる手数料です。PayForexではリフティングチャージは一切かかりません。
中継銀行手数料 送金人/受取人 中継銀行に支払う手数料として、発生することがあります。着金するまでその金額は判明せず、予告なく変更される場合があります。 受取人負担の場合:送金額から差し引かれます。 送金人負担の場合:「着金額指定サービス」をご利用ください。
受取銀行手数料 送金人/受取人 受取銀行に支払う手数料として、発生することがあります。着金するまでその金額は判明せず、予告なく変更される場合があります。 受取人負担の場合:送金額から差し引かれます。 送金人負担の場合:「着金額指定サービス」をご利用ください。

 

※ペイフォレックスホームページより出典。

海外送金業者他社も利用したことがありますが、他社では国内送金扱いになり中継銀行手数料or受取銀行手数料が引かれてしまい結局香港の銀行に着金した額はペイフォレックスの方が良かった!

というのが私の感想です。

検証結果

今回3パターンを行いました。

 

日本円50万円を外貨へ両替して香港のHSBC銀行へ海外送金した場合(ペイフォレックスから)

日本円50万円を外貨へ両替して香港のHSBC銀行へ海外送金した場合(他社Tから)

米ドル5000USD分の日本円を外貨へ両替して(約563000円)香港のHSBC銀行へ海外送金した場合(ペイフォレックスから)

③番が投資金額が一番多いので一概に比較は出来ませんが海外送金から中継してHSBC銀行へ着金した金額は

  1. ①番が4451.61USD
  2. ②番が4440.54USD
  3. ③番が4995.53USD

となりました。

為替は常に動いているので最新レートで日本円で計算してみると

  1. 496040円
  2. 494806円
  3. 556649円

※為替は2018,9,11時点での価格ですので参考程度でお願いします。

今回のトータル手数料は①②は50万③は563000円からそれぞれ引いてみればわかると思います。

高いと思うか安いと思うかはユーザーの価値観によりますが私は満足しています。

手続きはネットから10分もあれば完了しますし待ち時間もなく必要書類にいろいろと調べて記載する必要もなく送金先へ電話することもなく一度登録してしまえば2回目は数分で海外送金ができます。

まとめ

外貨両替手数料だけではなくトータルで計算する必要がある!と感じました。

外貨両替手数料が無料であっても、どこかで手数料は引かれます。

海外送金業者も利益が無ければしてくれませんし、安全面セキュリティがおろそかになっては元も子もありません。

幸い私は3回ほど他社交えて海外送金していますが、いずれも翌日24時間以内に無事送金が確認出来ています。

香港ドルへの外貨両替は両替手数料が高いので、香港ドルを送金する場合は直接現地で両替する方がお得です(香港旅行のついでに)。

手数料についてはUSDが断然オススメです。

デメリットは一回につき100万円以下しか送金できません。USDだと8900USD、香港ドルだと70000HKD以下になります。

身内に海外留学生がいる場合などはこまめに送金できるのとスピード送金ができるこのシステムは便利だと感じました。

お付き合い頂きましてありがとうございました‼️

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人の30代サラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。2018年から投資信託も開始、海外の生命保険や海外の銀行口座からも分散投資し外貨にも振り分けています。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにと開始しました。
メール相談はコチラから






 

 

追加だけではコチラからは分からないので、一言メッセージかスタンプをお願いしますm(_ _)m

友だち追加