資産運用

楽天カードから積み立てている投資信託はマイナスからプラスへ!コツコツ積み立てのメリットがでた。

JINジン
JINジン
こんにちは、サラリーマンJINジンです。

 

昨年から始めた投資信託ですが、年末の株価の値下がりで含み損が続いていました。

楽天証券と楽天カードから始めたクレジットカード支払い、あれから3回引き落としされた現状は? 2018年からスタートした投資信託ですが、結果だけを伝えるとマイナスでした。 売却していないので損益にはなっていないので現在進...

しかし

最近は回復してきたのでマイナスからプラスへとなりました。

私は2つのファンドを購入しており、ひとつはそのまま持ち続けた結果と、毎月5万円ずつ積み立てた場合の結果から

自分の保有しているファンドがマイナスの時は積み立てを止めるのではなく継続し続けるドルコスト平均法は有効だということを実感できました。

放置したままだと損益分岐点まで時間がかかるのに対し、損失のある間もコツコツ積み立てることで損益分岐点までの時間が短縮出来るので

楽天カードから支払う積み立て投資は引き続き継続し続けています。

 

私が積み立てているのは楽天・全米株式インデックスファンド

楽天カードからの支払いということで、私は楽天証券から毎月50000円積み立て購入をしています。

他の投資信託への分散投資も考えましたが、海外にも分散しているので国内から購入するのはこれ一本にしました。

何だかんだで米国は世界の通貨としての横綱です。

米国が今後衰退していくことは考えられなく長期のチャート📈を見ても分かるように緩やかに右肩上がりを続けています。

過去は過去ですが指標としては参考にしない手はありません。

米国はこれからも若い世代が増えていくことでこれからも成長していくでしょう。日本の超高齢化社会とは比較ができません。

こうしたことから米国はこれからも期待ができる投資先となるのは間違いありません!

 

と言うことから

これからも毎月50000円積み立てていけるように継続して経過を見守りたいと考えています。

 

楽天カードから支払うメリットは毎月1%分ポイントが貯まります。

50000円が上限なので最高500ポイントが毎月貯まる計算です。

現金<クレジットカード💳支払いで年間6000ポイント(6000円分の価値)はお得感ありますね。

投資信託は個別銘柄のようにすでにいろんな業種にバランスよく振り分けられているのでこれ一本でも十分分散投資となります。

積み立てNISAからも購入可能

非課税制度の積み立てNISAを利用することで、売却時に得た利益から税金が引かれないのがこの積み立てNISAのメリットです。

20年後に利益が100万円出ていた場合、

特定口座からの売却では利益に対して約20%税金(約20万円)引かれます。

対して積み立てNISAでは

NISA口座からの売却では税金ほ引かれません。約20万円非課税制度のメリットを享受できることになります。

積み立てNISAは年間40万円が限度額なので毎月3、3万円ぐらいなので比較的積み立てしやすい制度となっています。

まだ、口座を開設していなければこの機会に始めてみませんか?

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧