保険

家族への備えとしての保険は掛け捨て型と貯蓄型どちらが得?貯蓄型生命保険について

 

我が家は現在、共働きの会社員で子育て中の為、生命保険は貯蓄型と掛け捨て型の保険に加入しています。

 

子供を育てているご家庭では同じように何らかの保険に加入していると思われます。

 

ここ最近では貯蓄型の保険よりも掛け捨て型の保険の方がお得!

 

と言われていますが、その背景には生命保険では増やせない!😰超低金利時代が原因であります。

 

昔の人
昔の人
昔はよかったんだけどね!

 

保険は保険として最低限の掛け捨て型で最低限の保障を確保して残りの資金で投資を始めましょう!

 

というのが現在の流れとなっていくようにこれまでのやり方では通用しない新たな時代となりました。

 

結論から言いますと

 

貯蓄型の保険は「これがいいですよ!」とオススメできる商品はほとんどありません!

 

それでも預貯金が少なく子育てしている期間は定期保険(掛け捨て)で万が一の備えは加入してあげたいですね!

 

JINジン
JINジン
マイホーム購入時の団体信用生命保険に加入しているなら掛け捨て保険も必要ないです。

 

先ずは知ることから

〈スポンサーリンク〉

電話でも無料保険相談できる!保険見直し本舗

 

貯蓄型の保険は魅力がない?

 

定期預金の金利が低いのはご存知のように保険の運用利回り(予定利率)も低下しています。

 

当然、未来の自分の年金の足しにするには物足りなくなっています。

 

マイナス金利の影響と国内保険会社大手の運用先(投資先)は限られていて、思った運用成果が出ていない現状

 

支払った保険料戻ってくる保険金(解約返戻金)

 

の商品もあることから保険としての魅力も失くなりつつある中、貯蓄としての機能は果たせていないのが現状です。

 

お侍さん
お侍さん
保険の見直しでまず確認するところは支払う保険料と戻ってくる金額だね!

 

 

貯蓄性のある保険商品の魅力が下がった背景

 

貯蓄型には(終身保険、学資保険、個人年金保険、外貨建て保険など)があります。

 

2017年に標準利率の改定(保険料の算出基準となる利率)があり、保険料が値上がりしたことが大きいです。

 

円建てでは時間をかけても増えない時代となってしまいました。

 

それでは

外貨建ての変額保険はどうか?

 

と以前に保険の無料相談で提案していただいたプランを確認してみましたが…

 

外貨建ての変額保険と初めての方には難しい仕組みとなっているので理解しにくい内容となっております。

 

20年間の運用で変額部分の運用実績が読めないのと見えない手数料がある

 

家族への備えとしては分かりにくく、為替と変額のダブルリスクがあるので加入は見送りました。

 

JINジン
JINジン
知識のあまりない方にはオススメできません

 

最終的には契約者の自己責任と言われてしまうのであれば、貯蓄性のある他の方法へチャレンジしたほうがいいように感じます。

 

私もソニー生命の変額保険に契約していますが

ソニー生命の変額保険の変動保険金を引き出しました。減額のやり方を解説 ソニー生命の保険商品には変額保険という保険があります。 我が家では2015年に保険料を見直しした時に夫婦それぞれ2名義分契約し...

 

加入したタイミング的にまだ保険料が上がり、保証が下がる以前に加入しているものなので

 

現在もソニー生命の変額保険を継続しています。

 

保険料も最安設定(4500円ほど)にしているので

 

年末調整対策と総額保険料戻ってくる保険金(解約返戻金)死亡保険金となりそうなので納得しています。

 

生命保険料控除も少しはある

 

他の保険とかぶってしまうと意味がありませんが生命保険料控除の対象でもあります。

 

サラリーマンや会社員であれば年末の年末調整で一般の生命保険料控除に該当するのであれば節税対策にもなる

 

一般の生命保険料控除

(所得税:最大40000円 )

(住民税:最大28000円)

の控除を受けるメリットはあります。

 

それでも金額はしれているので

無駄に保険料を支払い過ぎている場合

総額支払う保険料戻ってくる(解約返戻金)死亡保険金

であれば解約して乗りかえる!

 

もしくは解約はしないで「払済保険」として考えるのもひとつの方法です。

 

 

まとめ

 

2017年以前から貯蓄型の生命保険を契約していて

 

総額保険料より戻ってくる保険金(解約返戻金)死亡保険金

の場合であれば継続してもいいと思います。

 

ただし、運用実績の変額部分に頼りすぎたシミュレーションの場合は注意が必要です。

5%以上毎年運用利回りが出せる事は少ないです。

 

終身保険や個人年金保険でも運用利回りのまだ良かった時代の保険ならそのまま継続か払済保険として残しておき

 

投資は投資として保険と切り離すのもいいかもしれませんね。

 

最新の保険商品はどういう商品を勧めてくれるのか?

興味があるのでまた行ってみようかな・・・。( ̄▽ ̄)

〈スポンサーリンク〉

電話でも無料保険相談できる!保険見直し本舗

 

保険の無料相談を利用したことはありませんか?

 

費用はレストランやカフェであればコーヒー代金だけで最新の保険情報が知ることができます。

 

あきらかな冷やかしはNGですが、2018年の4月に「標準生命表」が11年ぶりに改訂され、死亡率が低下(長生きする)しました。

 

これにより一部の保険料が下がりました。

掛け捨て型の保険は特に見直しすれば保障はそのままで保険料が安くなる可能性もあるので話しだけでも聞いてみてはいかがですか?

 

知ることは無料なので知識のある方から学べることはオンラインや電話などもうまく活用しましょう。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧