オフショア投資

30年かけて資産が5倍になるような運用方法に魅力を感じますか?

人生100年時代は科学と医療の進化により今の20代、30代は100歳まで生きる時代となりました。

 

もちろん不摂生や暴飲暴食な生活をしていたら病気のリスクも高くなりますが、長生きすると心配なのがお金の問題です。

 

20万円の手取り収入がなくなり(定年退職)年金支給額が15万円だとすれば毎月5万円の赤字です。

 

65歳から95歳まで生きたとすれば5万円×12ヵ月×30年=1800万円不足します。

 

今35歳であれば65歳まで30年間の老後の準備期間があります。

 

そう今できることは未来(老後)への準備です。

 

できればリスクを減らしてお金を増やしていきたいのですよね!

 

私は調べた結果、長期で時間をかければリスクが減らしていけると感じた「海外の養老型生命保険」を取り入れました。

 

 

国内のリスクを減らした運用は低金利なことから資産を作っていくには向いていません!

 

ずばり!海外の利回りを利用するしかないと私は思います!

 

米国株でも世界への投資信託でもいいので海外へ分散しておくことです。

 

 

 

JINジン
JINジン
分散なので国内にも円建ての個人年金保険は将来円安となっても残しています。

 

海外のオフショア投資の中には積み立て投資ではなく保険商品と言われるプランがあります。

 

保険で損したくないならば、利回りのいいプランを選ぶことです。

 

60歳まで続けても1000万円の保険料が解約した時に戻ってきたのはたったの100万円。

こんな保険は駄目です!

 

60歳まで続けても1000万円の保険料が解約した時に戻ってきたのは3000万円だった。

 

本来年数をかければ増えていくのが運用ですが、金利が低ければ増えない時代に私たちは生きています。

 

ではどうすればいいのか?

 

増えるところを探さなければなりません。

 

海外保険商品では20年で2倍になる?

 

海外にも日本人が買う事ができる保険商品があることはご存知ですか?

 

海外オフショア投資の部類に入ります。

 

保険の縛りがあると言われていますが、その実情はどうなのか?

 

している人はしていても『している』とは言いません。

 

女性の口コミ
女性の口コミ
自分で考えて行動しましょう!

 

利益を確定した時に確定申告すれば問題はありません。

 

国内保険とは比べ物にならない利回り

 

この保険はFPではなく保険会社がシミュレーションを出しているので達成できないようなシミュレーション(毎年10%以上)ではありません。

※競争の激しい香港市場で歴史もある

 

それでも年数と共に戻り率は増えていくので死亡保険金は2000万円まで!といった上限はありません。

 

今回のシミュレーションのプランは運用型(投資型)なので死亡保証はそんなに高くありません(高くなりません)

 

保険の支払いは短期の方が利回りは高くなる!

 

30000ドルを2年に分けて分割で支払う方法(クレジットカード)は年間約150万円支払えばあとは寝かせるだけです。

 

シミュレーションは6年程で元本を超えるので、そこからは基本ほったらかしで運用してくれます。
※手続きはIFAという代理店にメールをすれば必要な書類も送ってくれてます。

 

 

少なくても年金生活までは強制的に下ろさない仕組みを作る事が出来ます

 

30000米ドルを運用した場合の例

 

15年後には1.8倍の55000米ドルに!

 

20年後には2.6倍の79000米ドルに!!

 

30年後には5.3倍の159000米ドルに!!!

 

為替次第ですが、保険の機能も備わっているので時間をかければ300万円相当の資金でも30年後には15万ドル💰️に育っています。

老後の資金2000万円不足のほとんどを元手3万ドルで準備できます。

 

100歳の手前97歳ぐらいで1億到達か!?↑

初期投資は約300万です。

 

お侍さん
お侍さん
これが本当の長生きするほどお得なプランやね

 

JINジン
JINジン
年間の利回りは他の投資商品と比較しても決して高くないですが元本割れしにくいのがなによりのメリットです。

 

毎年引き出しもできます。

(積み立て金額次第で)

 

保険は支払い期間を変えることで返戻率も変わります!

 

余裕資金があれば、早く支払い終えた方がいいことが分かります。

 

ドルコストで分散するよりも短期でガンっと行った方が戻り率は高くなりますね。

 

30年後は約5倍なので300万円は約1500万円となります(実際には購入時にドル建てですが)。

 

3万ドルが15万9千ドルなので普通では考えられないぐらい増えています。

 

女性
女性
老後に2000万円不足するようですが

 

JINジン
JINジン
確かに!今500万ほど余裕資金があれば比較的堅実に増えていきそうですね

 

 

30年で3000万にするには

 

目標額を3000万円にするにはやはり初期投資に500万円は投入したいですね。

 

30年後に5.3倍になっている前提で5万ドル×5.3倍=26万ドル

 

その時の為替が1ドル=〇〇円となっているかです。

 

1ドルが30年後も110円であれば26万×110=2860万円

1ドルが30年後に150円であれば26万×150=3900万円

となっています。

 

要は外貨を購入しておけば為替のメリットもデメリットも享受できるということです。

 

将来的に円高となるか円安となるか?

 

先は長いのでゆっくりと見守るしかありません。

 

このように30000米ドルを2年払い、5年払い、10年払いで運用するだけでも

 

初めの払込み時は大変な出費ですが、長く運用すればするほど、

早く始めれば始めるほどメリットになります。

 

私は300万分ですが、倍の600万分購入していれば?

3000万円はそんなに難しい数字ではないですよね!

 

1000万分購入しておけば40年後には一億円相当(10倍)となります。

1億運用する資金があれば20年で2.6倍です( ゚Д゚)。

 

お侍さん
お侍さん
お金持ちのお金は減らないことが理解できる例だね

 

為替が円安に進むともっと早く到達することも考えられますよね😃

 

 

 

 

 

デメリットは国内国外問わずどの保険でも同じですが、早期に解約すると元本割れします。

 

長期に渡りほったらかし出来る余裕資金で運用する事をオススメします

 

私も国内にまだ数本保険に加入していますが、解約はせずに保有しています。

 

もう一点はデメリットではないですが

香港に渡航しなければ契約が出来ません。

(保険でないオフショア投資で日本から契約できる商品もあります。)

 

今ならちょっとした旅行のついでに国内旅行より安く行けますよ!

 

海外旅行に行くならどのトラベルサイトを選べばいいの?

 

 

そんな今回の保険ですが日本人が契約出来るのは今年6月までだそうです(香港IFA日本人スタッフが言ってました)。

H30年7月以降は方法が一部変更され信託会社が契約して名義変更すれば日本国内からでも契約できるようになりました。

 

 

まとめると

 

超低金利時代に預金のみでは最大の機会損失です。

 

昔の良い金利の時代とは違います!運用してマネーにも働いてもらいましょう!

 

今回の保険の内容は細かく書けばまだまだ書けますが、ざっと凝縮すればこんな感じになります。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧