税金

共働きで働く期間が長いほど厚生年金は多くもらえるようです。頑張りましょう

JINジン
JINジン
こんにちは、共働き子育て中のサラリーマンJINジンです。

私たちの親世代が子育てをしている時代は専業主婦が多かったですが、時は流れ現在では共働き世帯の方が多くなってきています。

 

子供が小さい間は、働きたくても働けませんが幼稚園や保育園に行ってくれるようになれば働ける間は働いている方が将来的にはいいです。

 

その最大の理由は

 

将来受け取れる夫婦の年金に差が出るからです。

 

働きたくても働けない(保育園に預けられない)場合もありますが、

子育てが落ち着いて復帰したいのであれば働いておいた方がいいと思います。

 

結論から申し上げると

 

会社員×専業主婦と会社員×会社員では夫婦の合計年金額が6万円ほどの差がでます。

 

※専業主婦が働いていた期間も含めて厚生年金(定額分)の受給資格がある場合。

 

両パターンの違いは厚生年金の比例報酬の部分に差がでます。

 

月あたり約6万円だとすると年間72万円年金に差が出ることとなります。

 

夫婦の掛けてきた厚生年金保険料にもよるので一概には言えませんが一般的に考えれば共働きの方が増えることは確かです。

 

ねんきん定期便が届くと思うので一度計算してみると、ゆとりある生活にいくら足らないのか?予測することができます。

JINジン
JINジン
ゆとりある生活の定義も各家庭価値観が違うのでひとえに言えませんが…。

詳しい話しは専門家ではないので割愛しますが(自信がない)

知っていると気持ち的にもゆとりができますよね!

 

 

差が出るのは老齢厚生年金の報酬比例部分

 

報酬比例部分とは

年金額が厚生年金保険加入期間中の報酬や加入期間に基づいて計算される部分です。

加入期間が長いほど、この金額が増えます。

 

また

毎月給料から引かれている厚生年金の半分は会社が支払ってくれています。

これが会社員のメリットですよね!

 

 

定額部分については年額780100円

定額部分を求めるには

1626×定額単価×被保険者期間の月数

をかけるのですが、

昭和21年4月2日以後は定額単価1000、月数満額480ヵ月となるので計算してみたら

1626×1000×480=780480となりました。

 

年間約78万円なので1ヶ月あたり約65000円が老齢厚生年金定額部分となりました。

 

JINジン
JINジン
こちらは専業主婦でも大丈夫です。

 

お侍さん
お侍さん
ややこしくて眠たくなりました

 

JINジン
JINジン
私も書いてて分からなくなりました(^_^;)

 

※専門家ではないので参考までに

 

 

まとめ

要は共働き期間が長いと、将来の年金にプラスとなることは大いにあってもマイナスとなることは少ない❗ということです。

 

共働き世帯は夫婦合計30万円ほどとの試算となりました。

 

会社員×専業主婦でも独身期間10年だとだいたい24万円ほど。

 

会社員のまま独身だと14万円ほど。

と、独身だと老後の生活はかなり厳しい生活となりそうです。

 

共働きの最低条件は、男性も家事や子育てに参加する事です。

 

そうして夫婦協力していくことで、お互いにお金や心のゆとりが持てるようになると、感じています。

 

ありがとうございました。

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧