資産運用

初心者が見るべき投資信託購入時の3つのポイント!定期預金の代わりならインデックス運用

JINジン
JINジン
こんにちは、サラリーマンJINジンです。

 

日本国内は未曾有の低金利状態が続いており、普通預金はおろか定期預金でも1年間預けていても0.3%ほどの金利しか付かないので100万円預けても3000円、そこから税金約20%を引かれれば2400円ほどにしかなりません。

そこでゆうちょ銀行や各大手銀行が満期の定期預金の新たな運用先に【投資信託】を勧めてくるようになりました。

そこでもし、あなたの家族が銀行から電話があり

満期になり放置されているお金があります!資産運用されませんか?

と連絡があり

お侍さん
お侍さん
時間もあることだし、話だけでも聞いてみようかしら?

となった場合、

お侍さん
お侍さん
 リスクも少なそうだしやってみようかしら?

となる可能性が高くなります。

 

私の家族も

「やるなら、NYインデックスオープン・・・がいいかも?」

とまんざらではなく購入するマインド(気持ち)になってしまっていました。

JINジン
JINジン
帰宅後に確かに運用先はいいし、リターンもいいけれど○○が高いという説明と比較をすると納得してくれました。

金融機関の窓口で対面販売がこんなにも売れているのは営業の上手さと

比較対象がネット購入の投資信託ではなく定期預金であればまず情報や知識のない方は加入するということがよく身をもって体験できました。

 

結論から申し上げると

投資信託のパンフレットは前から見るのではなく裏面のファンドの費用をまず確認しましょう。

いくらNYダウ採用銘柄を主要対象銘柄としても手数料が高ければ高いほどリターンが少なくなります。

同じくNYダウ採用銘柄を主要対象銘柄としているファンドの購入はネット証券から購入もできます。

ですので

誰に提案されようが、ファンドの費用である3つのコストを見るようにしましょう。

【購入手数料】購入時にかかる費用(無料がいい)

【運用管理費用(信託報酬)】保有中にかかる費用。基準価格から日々差し引かれる

【信託財産留保額】投資信託を解約する場合に差し引かれる費用(無料がいい)

ネット証券から購入する場合、①と③は無料のところもあるのでSBI証券や楽天証券から一度確認してみてください。

②は会社により差があります。

 

 運用管理費用(信託報酬)の違いによる比較

年間のリターンが7%も出た場合はどうなるのか?

100万円投入した場合に年間管理費用が0.7%と1.7%とでは

数字が高いほど購入者にとってはいらないコストなのでこの信託報酬は低い方が購入者にとってはいいです。

お侍さん
お侍さん
金利とは反対に取られるので間違わないように!
JINジン
JINジン
信託報酬は委託会社、販売会社、受託会社へ支払う手数料なので購入者には負担となります。

100万×(7%-0.7%)=106万3000円

100万×(7%-1.7%)=105万3000円

信託報酬によっては同じ100万円の運用でも1万円も利益に差が出てしまいます。

1万円の利息を定期預金で得るには500万円は必要です(500×0.3%ー税金)。

500万円運用すれば5万円が投資信託の運用先によって変わってしまうのです。

では実際にパンフレットを見てみましょう。

 

下記2社のパンフレットをみて手数料を比較してみると

⑴NYダウインデックスに投資しています。

①購入手数料は2.16%

②運用管理費用は0.7452%

③信託財産留保額は0.2%

となっています。

⑵国内小型株に投資しています。

①購入手数料は3.24%

②運用管理費用は1.76%

③信託財産留保額は0.3%

と先ほどに比べて手数料が高い!ということが分かります。

手数料が高いだけでは一概に悪い!と言えませんが、投資信託初心者さんであれば、手数料の低いインデックス型運用と言われる運用が安定しています。

※インデックス型運用とは・・・ベンチマークに連動した運用を目指す手法。パッシブ運用といいます。

ここでは

⑴がパッシブ型運用(インデックス)で

⑵がアクティブ型運用となります。

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧