保険

オリックス生命の医療保険は人気だが、そのまま貯蓄に回すように見直しました。

JINジン
JINジン
こんにちは、サラリーマンJINジンです。

保険の見直しをした時にオリックス生命の医療保険に加入したのですが、気がつけば5年目となりました。それまでは大手保険会社の生命保険の中から「特約」として入院保障(日額5000円など)が付いていたのですが、保険料が割高な事と主契約でないので使い勝手がよくないので単体の医療保険に乗り換えていました。

見直した後の保険会社は医療保険ランキングでは上位のオリックス生命です。

無配当 無解約返戻金型医療保険といい要は掛け捨て保険です。

毎月の保険料も約2100円と納得して加入したのですが幸せなことにこの医療保険に乗り換えてからは一度も入院することはなく生活できています。

乗り換えたきっかけは

乗り換える1年ほど前に5日間入院を経験したからです。

人生で初めての病気だったので不安もありましたが、当時の生命保険の医療保険特約を初めて使った時でもありました。

この経験から感じたことは

保険としてのお守りよりも預貯金をしっかりと貯めておけばそんなに医療費はかからないということです。

もちろんケースバイケースで血縁関係で持病があったりした場合は加入できる間に医療保険に加入しておくということも考えられますが、

そうでない日頃から健康に意識しているメタボ体質でない運動もしている意識高い系の方であれば医療保険よりも貯蓄をしっかりしたほうがいいのでは?

と感じました。

過去の失敗した経験はコチラ

10年以上かけ続けた過去の大手アカウント型の生命保険は

月額保険料1万円×12か月×10年として120万円使い、-120万

解約返戻金は9万円ほど、医療費として7万円ほどが戻ってきたこと+16万

と節税効果も少なく高いお守り代となってしまいました。

20代30代で生命保険は必要ないです。

周りが加入しているからとか関係なく毎月1万円をしっかりと貯金していく方が10年後20年後に後悔しません。

結婚する、子供ができるなどの環境の変化があればその時に最低限の保障を備えればいいですよ!

オリックス生命の保険料や保障は医療保険ランキングの中ではいい!

30代の半ばから加入してきたオリックス生命の医療保険ですが、FP(ファイナンシャルプランナー)が選ぶランキングの中では第1位の人気がある商品です。

 これまで支払ってきた保険料は?

2100円×12か月×5年なので大体126000円

夫婦で合わせると2倍なので約25万円がこの5年間何もなかったので「お守り」として消えてしまったことになります。

仮に現在が40歳として60歳までの20年間も継続したとすれば

2100円×12か月×20年なので504000円が一人当たり必要になり、

夫婦で合わせるとこれからの20年間でも100万が医療保険だけで使うことになります。

JINジン
JINジン
実際に数字に出してみるとどれぐらい一つの保険に使うのかよくわかります。
お侍さん
お侍さん
月々2100円の医療保険でも二人で100万、月々2万円のぼったくり保険だと1000万円使って戻ってくるのは100万円なんて保険もあるのでしっかりと勉強しないといけないね!
JINジン
JINジン
かんぽ生命の件が記憶に新しいですね。

 

この医療保険は終身で保険料を支払い続けるので人生100年時代の中で本当に必要になってくるのは60歳・・70歳からでもいいと思っているので今はお守りよりも医療保険に支払ったつもりで貯めていくことにしました。

ただし、女性は女性特有の病気や出産などがあるので我が家では解約せずにそのまま継続しています。

この辺りはパートナーが働いているのか?専業主婦なのか?会社の健康保険などに加入しているかの状況によって変わってきます。

一度、夫婦で確認して話し合ってみるといいでしょう。

 

以上の事から

会社員で健康保険組合などに加入していれば、入院するような病気になったとしても後日見舞金として何割か(忘れてしまいました・・)支払った医療費から還付されました。

大きな病気で長期入院するようなときでも高額療養費制度があるので何十万、何百万円も請求されるようなことはありません。

毎月の収入や年間の収支から生命保険料と貯蓄を比べた時に生命保険料が多いようであれば見直してみる方がいいかも知れません。保険は必要な期間だけ最低限掛けておけば(子育て期間のみ)残りは貯金に回すべきだと思いませんか?

我が家も失敗してきたからこそ、今だからこそ分かったことなので見直しは人生で一番年齢の若い「今!」がチャンスです。

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧