HSBC香港

国内からHSBC香港口座へ預入は出来ないので入金するには海外送金が早い

JINジン
JINジン
こんにちは、サラリーマンJINジンです。

 

香港へ行きHSBC香港の銀行口座を作ったのはいいですが、キャッシュカードを使いATMから出金することは出来ても入金することは出来ないって知っていましたか?

 

私もはじめATMから入金出来るものと思っていたのですが、

実際には出来ませんでした。

 

ではどうやって入金すればいいのか?

大きく分けて海外の口座に預金するには海外送金するか海外旅行の時に現金を持って行き現地銀行で入金する方法があります。

 

JINジン
JINジン
現地ATMから他のカードから引き出すこともできますが、現地に行く渡航費がかかります。

 

個人として定期預金や投資で活用するのであれば海外送金するか香港旅行時にハンドキャリー(現金持ち込み)が一般的な方法です。

 

私はこれまで以下の方法で海外送金を試してみました。

 

 

個人的には使いやすかったです。

 

 

 

 

海外送金する方法は銀行よりもすべての取り引きがインターネットからできる資金移動業者(ペイフォレックスやトランスファーワイズ)を利用すると送金の早さや手数料の面でも便利です。

※関東財務局長に登録しているので怪しくないです。

 

私が利用したことがあるのは

・Pay Forex ペイフォレックス

・transfer wise トランスファーワイズ

の2社です。

 

どちらも登録する必要はありますが、銀行に比べて手続きが楽でインターネットから全て可能という点は便利です。

 

両資金移動会社を比較した場合の感想

 

結論から言いますと

50万円以下であればトランスファーワイズ

50万円以上であればペイフォレックス

 

の方が送金先に入金される金額が安かったという認識です。

※2018年情報なので最新情報は保障していません。

 

 

今回は日本の銀行口座から香港の銀行口座に送金した場合の比較なので、他国の場合は分かりません。

 

将来子供が海外に留学した場合にはやり方を知っておいて損はないのでひとつは覚えておくといいと思います。

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧