オフショア投資

海外生命保険に新商品?類似商品との違いを比較!気になる中身は?

JINジン
JINジン
こんにちは、サラリーマンJINジンです。

国内生命保険の返戻率の低さにがっかりしていたのですが、いつまでも落胆していても仕方なく海外事情はどうなのか?

 

そんな疑問から検索した時に出会ったのが海外オフショア投資

 

国内の生命保険に加入している方が99人いれば海外の生命保険を購入している方は1人いればいいぐらいベールに包まれているのが海外オフショア保険であります(推測)

 

国内の生命保険や外貨建て保険と比較すると分かるのですが、魅力なのはその返戻率(掛けた保険料に対して戻ってくる率)

 

・国内生命保険は20年後に105%

・外貨建て保険は20年後に130%

・海外生命保険は20年後に200%

となります

※参考 プランにより変動する

 

100万円が20年後に105万円や130万円と200万円になるような商品であれば多少のリスクを取っても魅力的と感じませんか?

 

当方すっかりその魅力に魅了された訳で外貨に分散する意味も込めて購入しています

 

JINジン
JINジン
定期預金に入れておいても増えないので気持ち的には20年コースでも大丈夫です

 

子供の成長を見ているとあっという間です

 

お侍さん
お侍さん
投資信託だけだと暴落もあるから分散したいよね!

 

 

 

そんな海外保険を販売している保険会社から新しいプランが発売されたと知人から連絡がありました

 

結論から申し上げると

 

これから購入する方は類似商品よりも魅力的になっておりお得だと感じました!

要は中身がバージョンアップしていますね(利回り)

 

じゃあ前回までの類似商品はどうなの?って感じますがこれらの保険商品は基本的に長期投資です

 

1,2年の差は20年後や30年後には誤差程度となってくるので1年でも早く始める事を優先した方がいいと感じます

 

保険会社もライバルです。売れている商品と類似している商品は何年かに一度は出してくるようです

 

購入者側からすればより良い商品が出てくることは嬉しい限りですが!!

 

新商品と類似商品(ここでは分かりやすく旧商品とします)とを比較

商品名は伏せますが

5万ドルを2年払い(前期前納という一括払い)した場合

海外は基本的には米ドル(USD)建てでの購入となります。

5万ドル(USD)=545万円ぐらいとなります。(1ドル=109円の場合)

旧商品Rの場合

支払った5万ドルは

20年後の解約返戻金は13万ドル(260%)

30年後の解約返戻金は26.5万ドル(530%)

となります。

この商品は6年ほどで損益分岐点に差し掛かり

短期的な利益は見込めないけれど時間をかけていくほど増えていくのが特徴です。

 

40歳の方が5万ドルで購入した場合(為替は購入時と変わらない設定)

60歳の時点で解約すれば13万ドル(約1400万)になっていますが、年金や退職金があり余裕があれば解約することなく持ち続けることができるので柔軟な対応ができるのが特徴

70歳の時点では26.5万ドル(2880万円)に増えていきます。

 

30歳や50歳も60歳も基本的には同じで、年齢に関係なく支払う金額と経過年数が基準となります。

 

※他にも相続や贈与に関したメリットもありますがここでは割愛します

新プランPの場合

支払った5万ドルは

20年後の解約返戻金は14.2万ドル(284%)

30年後の解約返戻金は29.3万ドル(580%)

となります。

 

40歳の時に定期預金に入れていた500万円分でこの新プランを購入していると

70歳の時に解約したとすれば3000万円近くの解約返戻金となります。

海外保険を運用した資産形成の出来上がりです!

 

JINジン
JINジン
一度に解約すると税金もたくさん必要なので少しずつ引き出す方が良さそうですね

 

海外保険に分散することを決めた理由について

ひとつは通貨の分散

FX経験者や外貨建て預金をしていると分かるのですが外貨は金利がいいです。円だけを保有しているよりは米ドルだけでも購入していると為替の勉強にもなります。

 

105円の時に購入した10000米ドル(USD)は100円の時に売るのと110円の時に売るのとではどちらが得か?

「円高」と「円安」を意識するには身銭を切るのが一番よく分かります。

 

お侍さん
お侍さん
実際に損するか儲かるか分かるからね!

 

ふたつめは元本割れしなくなる

厳密には時間を掛けることによってですが何年か(プランによる)経過していけば確定した部分が支払った金額を超えていきます。

 

「確定する金額」が年数と共に増えていくので元本割れしないこと!

外貨なので(米ドル)想定外の「円高」だと目減りする可能性もありますが、満期は100歳やそれ以上と基本的に持ち続けることが出来るのでタイミングは購入時よりも「円安」になるまで待つことができます。

JINジン
JINジン
150円やそれ以上になってくれると為替の利益もかなり見込めます

円の価値が下がるので素直に喜べませんが・・・。

 

2つの新旧両プランをまとめると

20年後の自分を客観的に見ればどちらも誤差の範囲です。

旧プランでも20年で260%、30年で530%

新プランだと20年で280%、30年で580%

どちらも凄いのでプロの運用する方も世代交代すると思いますが、達成できるように頑張ってください!

 

1000万投入すれば、元本以上が確定されつつ20年後には2600万~2800万円が期待できます。

1億なら・・・

 

為替が20年後にどうなっているのか?が懸念されるのであれば海外への投資は止めておきましょう!

 

しかしお金持ちになるには?

富裕層と呼ばれる方たちはどうやって資産を守り、増やしているのか?

 

そこにヒントがあるのかも知れません!

 

ありがとうございました。

 

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧