オフショア投資

海外オフショア積立投資と海外養老(生命)保険の概要について違いを解説

JINジン
JINジン
こんにちは、海外運用している普通のサラリーマンJINジンです。

 

私達の生活にはあまり馴染みのない投資と保険の話しですが、貯蓄だけでは増えない時代なのでお金の話しは大切な話です。

 

海外の事も知っておいて損はありません。

 

ここではさらに馴染みのない香港の【海外オフショア積立投資】と【海外オフショア保険】の違いについて概要を書ける範囲でまとめました。

 

 

 2019年香港ドルへ両替するにはどこがよかったか?国内外空港や両替所を比較

チョンキンマンションは香港の両替所として有名↑

 

 

結論から申し上げると

 

どちらもオフショア投資という括り(くくり)では同じです。

 

【投資信託と生命保険】というイメージだと分かりやすいと思います。

 

定期預金だと思っていたら投資信託だった!外貨預金だった!

 

とならない為にも

積立投資と養老(生命)保険について知って頂けたらと思います。

 

 

これらの商品は大手金融保険会社ここでは保険会社とする)では保険商品も投資商品もどちらも取り扱っている所もあるので

この商品は

・積立商品なのか?

・生命保険(貯蓄型養老保険)なのか?

 

分かりにくいのが現状です。

 

参考に保険と名前に付いているけれど中身は積立商品なのがコチラ

積立投資の参考

日本人が契約できる海外オフショア保険はRL360°(ロイヤルロンドン)だけじゃない

 

分割払いにすることで積立効果にもなるが保険商品はコチラ

保険商品の参考

香港へ行き運用型海外生命保険を契約してきました。

 

どちらも一例です。

他にもクーポン商品、年金、医療、期間に短い定期預金のような商品もありますが、一度に詰め込み過ぎるとパンクするので

 

・子供や家族に万が一の保証を備えたいのか?

 

・確実に老後資金を貯めていきたいのか?

 

・証券ライセンスの必要な積立投資で積極的にリターンを狙っていくのか?

 

 

はじめは目的で決めるといいと思います。

 

 

 

オフショア投資は富裕層だけではない時代

 

『オフショア投資』と検索してもらえればどういうものか詳しく書いてくれているサイトもありますが

ざっくり言うと

 

税金の「非課税もしくは非課税に近い税率」の地域(アジアで言うと香港とシンガポール)で投資運用することで「複利の効果で再投資」を継続できます。

 

メリットは毎年課税されずに満期解約時まで効率的に運用ができることです。

 

年単位での配当金や利子、分配金があれば確定申告の対象となりますが、基本的には満期まで継続です。

複利で再投資のメリットは節税しながら運用できることです。

※税金を支払わなくても言い訳ではないので勘違いのないように!

 

お侍さん
お侍さん
海外の金融機関で運用するには毎月分配型よりも無分配型で再投資する方がいい訳だね

 

JINジン
JINジン
定期的に配当金や分配金が欲しいのであれば国内証券会社の方が便利です。

 

何もかもが海外!って訳ではなく上手く使い分けるのがポイントです。

 

定期的に配当金が欲しい場合は海外よりも国内の方が税務処理は簡単です。

 

お侍さん
お侍さん
やってみないと分からないよね

 

海外オフショア積立投資の特徴について

 

投資信託のように毎月、毎年一定額を積み立てるものです。

 

具体的には2年間の初期口座、貯蓄口座があるものから、定額を満期まで毎月積み立てるものがあります。

 

ドルコスト平均法を活用した外貨の分散投資でもあります。

(長期で円安に傾いていくと円で支払う負担が増していくのがデメリット)

 

ポイントは

口座の維持手数料や管理手数料が毎月、毎年引かれます。

 

手数料以上のパフォーマンスが出るのであればいいですが、実際の購入者の話しを聞く限り満足していない人の割合の方が多いことが分かっています(全てではない)。

 

満期まで継続できる鋼の意思と根気があれば償還時に一定金額が保障されるものもありますが、右肩上がりに増えていくとは限らないので老後の資産とするには少しリスクが高過ぎるように感じます。

 

JINジン
JINジン
当サイトではオススメしていません。理由は投資信託であれば国内ネット証券会社からでもいいんじゃない?運用先もいいラインナップが出てきているので!

 

お侍さん
お侍さん
5年前ならメリットもあったけど悪質なブローカー(仲買人)も増えているので正しい情報が見極められないんだよね!

 

積み立てたシミュレーションが7%以上で増えていくなどすごいように感じますが、手数料には触れていない場合やいいことばかり言うブローカーには是非とも気を付けてください。

 

海外オフショア積立保険は時代の流れによりこれからはあまりオススメ出来ない2つの理由!

 

海外オフショア保険の特徴について

 

生命保険のように毎月、毎年、あるいは一括まとめて支払うものです。

 

具体的には2年払いや5年払い、10年などに分割して支払う事でこちらもドルコスト平均法を活用していけます

(長期で円安に傾いていくと円で支払う負担が増していくのがデメリット)

保険の特徴として保険料は短期間(最短は一括払い)で支払う方が満期時の返戻金は高くなります。

200%→219%など(例)

 

口座の維持手数料といったものはないですが、プランによっては一度か二度信託手数料がかかる場合があります(最近導入されたところがある)

 

ポイントは短期間で支払う事で元金の大きい状態で【複利の再投資】ができる点です。

 

 

保険商品、投資商品に限らず初めの数年は元本割れの状態からスタートしますが(初期費用などの手数料)年を重ねるごとにどんどん増えていくのが保険商品の特徴です。

 

お侍さん
お侍さん
要は右肩上がりって訳やね!

 

JINジン
JINジン
年数経過と共に支払った保険料も保障されてくるので少なくとも元本以上にはなるので老後資金に向いていると言えます。

 

お侍さん
お侍さん
守りの投資と言われているのはその為やね

 

保険商品のサンプル 一括払い

 

このシミュレーションは香港の厳しい審査をクリアした保険会社に作成して頂いたものの一部です。

 

JINジン
JINジン
金額は少なめですが、身銭を切って自己投資しています(笑

 

 

ブローカーがパソコンのエクセルなどで作ったものとは違い、保険会社の名前と達成できる数字で作成しています。実際には4%前後ですが減らさない資産運用には欲張らないことです。

 

※これらの商品は正確性を保証するものではなく、実際に購入した時の情報提供を目的としているので販売を促進しているものではありません。

 

あくまでこれまでの経験からの私感なので参考程度に!

 

 

契約したい場合は現地に行かなくてはいけないのか?

 

よく聞かれる質問ですが、基本的には現地の保険会社ではなくIFA(代理店)に行き契約する事を勧めています。

 

JINジン
JINジン
自分の目で見て直接話しを聞く事で現地でしか知ることができない最新情報も感じてもらえます。

また事情によって(子育て、仕事が休めない)無理な方もいますのでそのような方は郵送で手続きをされています

 

※2020円2月現在のところ香港でも新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため「緊急事態」宣言されており幼稚園や学校は3月まで休みが延期の影響が出ています

 

香港の場合は、全てではないですが現地で契約することもできるし郵送契約も可能です。

 

 

以上の事から

 

これまでは富裕層だけが知っていた資産の減らない増やし方でしたが、テクノロジーの新化から世界中の情報が入手できるようになりました。

 

・英字も翻訳機能や調べていけば内容も把握できること!

・海外で働く日本人がいることでサポートも厚くなっていること!

・何十万円もしていた飛行機代金もリーズナブルな価格となったこと!

 

島国で育っただけに普段の生活でも生きていけるように思いがちですが、これからも少子高齢化が和らぐ気配はありません。

 

つまり年金だけでは足らなくなるのはほぼ確実です。

 

アンテナの高いスキルある人達はすでに知っているし海外に資産を形成しています。個人だけでなく法人としても活用しています。

 

悲しいかな全ての人に知れてしまうと困る人達も出てくるので、圧力が強くなり契約できなくなる可能性も出てきます。

 

正しい情報がでないのも肯定されないのも理由があるようですね!

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧