株式投資

コロナウイルスという金融ショックの暴落時にできること

JINジン
JINジン
こんにちは、サラリーマンJINジンです(@JINJINinvest)

 

コロナウイルスが世界中に広がり経済にも影響を及ぼしています。2019年までの相場からは想像もつかないレベルで株価も下がっています。

 

ここまで下がるとは誰もが予想しておらず逃げ遅れることを○○ショックといいます。

 

お侍さん
お侍さん
3年間に始めた米国株は利益がぶっ飛んで行ったよ!

 

JINジン
JINジン
確かにチャートでも確認できました(泣) 

 

同じように含み損となった方は他にもいるかと思いますが、ゴールの目標は何年先ですか?

 

私はまだ20年以上先なのでこのまま売却はしないで積み立てを継続します。

 

 

NISAやiDeCoで積み立て投資をしている方は基準価額が上がろうが下がろうが継続することが一番大切です。

 

お侍さん
お侍さん
継続は力なりってことわざがあるように続けることが大事やね

 

JINジン
JINジン
はい、ここで売却してしまうのが一番もったいないと思います。

 

上がり続ける相場がこれまでの流れでしたが、明らかなトレンドが変わり3年分の利益は吹き飛んでしまった方や一気に含み益から含み損の個人投資家も多く出ています。

 

dマガジンは月額400円で雑誌450誌以上が読み放題!

※投資信託は解約すべきなのか?

 

 

投資信託を積立ている方は今こそドルコスト平均法で基準価額が低くなっている時に口数を増やすチャンスです。

 

毎月同じ金額を投資しても暴落時はたくさんの口数が買えます。

 

そうして基準価額を下げていく事で長い年月をかけて相場の回復と共に含み損も少なくなっていきます

 

お侍さん
お侍さん
購入した投資金額の平均が暴落時は下がるのがドルコスト平均法の魅力やね!

 

つまり

 

暴落しようが暴騰しようが毎月積み立てを継続をすることです!

 

積み立て投資とはそういうものです。

 

米国株を買っておけば誰でも儲かると言われて購入した方も今回は誰も予想できなかったと思います。

 

相場が上昇しきっていたのでポジションを軽くしていた人はいてもこんなに下がるとはプロでも思わなかったでしょう。

 

 

逆にそろそろ買っていくと購入価額を下げることもできるので比較的回復の速い米国株式は買っていきたいところです。

 

 

コロナショックなどの○○ショックの時は資産が目減りして気持ちは凹みます。

 

それでも生活費を投資につぎ込んでいないのであれば継続するのみです。

 

 

ゆっくりと積み立てて行きましょう!

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧