学び

dマガジンは月額440円(税込み)で雑誌450誌以上が読み放題!気になる特集は雑誌を買うなど自宅本屋さん

JINジン
JINジン
こんにちは、サラリーマンJINジンです

 

インターネット上で雑誌を読むのと、雑誌(紙)で読むのとどちらが好きですか?

 

私はネットでパラパラと試し読みをして気になる特集があれば雑誌を購入してじっくりと読むスタイルを活用しています。

 

近年、注目のビジネスモデルとなっているサブスクリプションと言われる「会費制度」で月額○○円を支払えばそのコンテンツを使い放題、読み放題、見放題、聴き放題利用する事ができます。

 

dマガジンもそのひとつであり、雑誌読み放題のサービスとなっています。

 

コーヒー一杯の料金で、老若男女問わずあんな雑誌やこんな雑誌が読み放題です。最新のトレンドは雑誌が最適です。

 

スマホのプラウザから開いたイメージ

 

 

 

世界的なコロナウイルスの影響下で緊急事態宣言などで外出自粛ムードの中でも自宅や職場の休憩時間に雑誌を読めるのは息抜きになります。

 

女性の口コミ
女性の口コミ
イケメンやかわいいペットを見ると癒されます

 

どんなサービスか使ってみたい人は31日間の無料お試し期間があります。

 

無料登録に必要なものは

・dアカウント

・クレジットカード

以上の二つだけです(ドコモユーザーはそのまま登録しなくても利用が可能)

 

dアカウントはドコモユーザー以外でも登録ができるので

メールアドレスとパスワードを決めて発行するだけです。

 

 

 

JINジン
JINジン
雑誌一冊分の料金なのでお買い得感はありますね。

 

唯一のデメリットは「気になる特集が編集でカットされている事もあること!」です。

 

その時は買うしかありませんね。

 

お侍さん
お侍さん
デリケートな部分も編集されているので、詳しくみたい場合も雑誌を買いましょう!

 

ドコモユーザーでない場合の無料登録の流れ

 

・ドコモユーザーはすでにdアカウントを持っているのでdマガジンにログインして無料お試し画面に移動すれば以下ページに移動します。

 

 

・ドコモユーザーでない場合はdアカウントを作成しなければなりません。

dアカウント作成ページへ移動

 

作成が完了すればdマガジンにログインができるようになります。

 

あとは先ほどと同じように無料会員登録として31日以後は月額440円(税込み)かかる事と支払い方法としてクレジットカードの登録が必要となります。

 

以上で登録は完了です!

 

あとは週刊誌やファッション誌、ビジネスやスポーツなどなど読み切れないぐらい読めます。

 

 

 

 

JINジン
JINジン
マネー雑誌とビジネス誌だけで元が取れます!

 

あとは興味あるジャンルをたっぷりと楽しめますね。

 

 

 

他のサブスクリプションとdマガジンの特徴

 

基本的な事は公式サイトに記載されています

・450誌以上の最新号がスマートフォンやタブレットで最大6台まで(アプリ版)プラウザ版含めて接続できるので夫婦で別々に楽しむことも可能

実際に6台も接続する必要はないのですが、パソコンとスマホで別々に見ることも可能。またプラウザよりもアプリをダウンロードした方が個人的には見やすいと感じました。

 

 

・最新号が発売日に読める!

最近は試し読みできるコンビニも少なくなったのでdマガジンで試し読みをしてほしいと思った雑誌は購入して読み倒すようにしています。

 

・バックナンバーも読める雑誌がある!

雑誌によりますが、過去2冊のもあれば5冊のもあります。事前にお試し期間を利用して把握しているといいでしょう。

 

・移動中の隙間時間に見れる!

これは紙の雑誌も同じですが、電車の中で何を読んでいるのか見られるのは恥ずかしいのでタブレットやスマートフォンで読みたいですね

 

女性の口コミ
女性の口コミ
のぞき見されて恥ずかしくない雑誌にしてください♡

 

 

・データ容量を消費する場合もあるのでWi-Fi環境でダウンロードして持ち運ぶのがおススメ

 

自宅などのWi-Fi環境がない場合に利用すると格安スマホなどの格安プランでは思わぬデータ容量を消費する場合もあるので外出先では事前にダウンロードしておくことをお勧めします

 

dマガジンと楽天マガジンの違いはほとんどなし!好みで

 

当方dマガジンと同じような雑誌ほとんど読み放題サービスは「楽天マガジン」を利用していたことがあります。

 

楽天マガジンの申し込み方法!まずは31日無料で雑誌読み放題を試してみた感想

 

両方を利用してみて思ったことは

 

JINジン
JINジン
どちらも大差ないです

 

※同時期に比較していないのと全てを確認していないのであくまで感覚です。

 

楽天マガジンの方が月額418円(税込み)と22円安いので好みで使い分ければいいと思います。

 

登録のしやすさは

・ドコモユーザーはdマガジンの方が手続きが簡単

・楽天ユーザーは楽天マガジンの方が手続き簡単

です。

 

dマガジン解約方法

 

登録は教えてくれて解約方法は教えてくれないところが多いので調べておきました。

https://magazine.dmkt-sp.jp/help/register/delete#TOP

(一番下の方にページがあります)

 

 

 

まとめ

 

31日間の試し読みから始まったdマガジンも気がつけば1年以上継続しています。

 

損とか得とかではなく趣味の範囲で読書が好きなら会費を支払って読み、趣味でなければ読まないので加入する必要もないです。

 

出典:dマガジン

https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/dmagazine

 

これだけの情報量で月額440円(税込み)で450誌以上が読み放題です。

 

おそらく半分も読めないと思います。私もせいぜい5冊ぐらいの月もあります。

 

それでも1冊辺り750円(税抜き)ぐらいする雑誌が電子版として読めるのは嬉しいですよね!

 

雑誌に特化したdマガジンというサービスは使い方次第ではオススメの情報収集ツールだと感じます。

 

試してみるきっかけになれば幸いです!ありがとうございました。

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧