株式投資

1年間に120万円を運用できるならNISA、40万円なら積立NISAがオススメ

こんにちは、サラリーマンJINジンです。

 

これから株式投資や投資信託を始めようとしている皆さんは、NISAと積み立てNISAの違いがわかりますか?

私は株式投資だけは10年以上継続しているのでNISAの制度が始まる前から投資として運用してきました。

その中で2018年には積み立てNISAもスタートしました。

どちらも非課税と言って利益が出た場合は約20%の税金が引かれますがこの制度を活用すれば節税できる訳です。

どうせ株を買うならこの制度を利用した方がお得です。

では見ていきましょう。

「NISA」とは、

2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。

NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

今年(2018年)からスタートしたのが「つみたてNISA」で、

つみたてNISAとは、

特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、

購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

 

年間購入額と期間は

つみたてNISA                           

年間            40万円まで                  
期間            20年間      

NISA

年間            120万円

期間             5年間  

となっており私はNISAがスタートした2014年から開始しました。

つみたてNISAとNISAの併用はできないのでどちらにしようか悩みましたが

私の中ではNISA=株式で積極運用(アクティブに!)、つみたてNISA=投資信託などで長期投資(ディフェンシブに!)

というイメージと長期(20年程)ならイデコ(iDeCo)で十分と思ったからです。

 

NISAとは(少額投資非課税制度)とも言い、

少額(購入限度額120万まで)に対する投資(株や投資信託)で利益が出た場合、通常は約20%課税(税金が引かれる)されるがNISAから購入した場合は非課税(税金が引かれない)になります。

 

デメリットは?

デメリットは投資で運用する以上値下がりする場合もあります。

10万円で購入した株が8万円になることもゼロではないのでリスクを許容できるかですね!

もちろん12万円になる可能性もありますが!

銀行などの定期預金の金利がいいところでも0.3%ぐらいと考えると

国が貯金から投資で運用して!という制度は利用しない手はないです。

 

世間的には積み立てNISAを推奨していますが、

私はNISAで積極的に値上がりしそうな株を購入するスタンスを取っています。

先程はNISAで配当利回りのいい銘柄を購入して5年かけて運用する方法を紹介しましたが

私は更にリスクをとって値上がりしそうな銘柄を購入しています。

 

過去3年間は120万円の限度内で、そこそこの結果が出せました。

 

今年2018年はやっと購入してみたい銘柄が2つ見つかったので半分ずつ約60万円平均で振り分けました!

NISAのデメリットは値下がりしてマイナスの時に売却しても、確定申告で損益通算が出来ない事です。

逆にメリットは先程も書きましたが利益を確定した時に引かれる税金約20%が非課税になることです。

 

 

実際私の2014~2017年までの運用結果を公表します。

2017 NISA 1,194,600円 1,782,300円
+587,700円
+49.2%
0円
( 0円 )
1,782,300円
( +586,500円 )
0円 119,147円
2016 NISA 1,198,700円 1,770,810円
+572,110円
+47.73%
0円
( 0円 )
1,768,610円
( +569,910円 )
2,200円 116,224円
2015 NISA 992,500円 1,310,200円
+317,700円
+32.01%
0円
( 0円 )
1,309,300円
( +316,800円 )
900円 64,540円
2014 NISA 983,740円 964,800円
-18,940円
-1.93%
0円
( 0円 )
952,300円
( -31,500円 )
12,500円 0円

 

顔初年度は配当銘柄や安定した企業の株を購入したのと、仕組みを理解していなかったのでマイナスでした。
2年目からは配当の非課税(インカムゲイン)より株価の値上がり(キャピタルゲイン)しそうな企業を2社程に絞って(5年以内に上がりそう)保有していました。
結果今のところ、
NISA4年間の成績は
限度額100万(2014年)+100万(2015年)+120万+120万=440万の投資に対して全て売却したので売却益約580万になりました。
NISAでの利益は140万になり、
通常なら約20%の税金が引かれるので約29万円を課税されずに非課税の恩恵を受けることが出来ています。
この利益は再投資に使えるので(使っているので)
私は今年2018年もNISAで継続していきます!
株式が得意な方、投資信託が得意な方それぞれ自分にあった投資で利益が出せるのが一番いいです
今回の私の場合は投資信託の経験が少ないのでNISAですが
初心者🔰のかたは
積立NISAで投資信託を購入してコツコツ積み立てていくのがいいですよ!

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧