節税

生命保険を年末調整で保険料控除10万円申請したとするとどれぐらい戻ってくるの?

生命保険や地震保険、小規模企業共済等掛金控除を給与所得者、いわゆる会社員の方は保険料控除申告書を年末調整で記入します。

 

11月に記入して早ければ12月の給料明細に他の1年間の税金と調整して支払い過ぎた分が戻ってきます。

 

生命保険料控除ってどれぐらい戻ってくるのか?

 

知るためには令和2年分の合計所得金額の見積額の計算をして給与所得を知ることと

給与所得から各種所得控除(人によって変わる)から課税所得を知り

令和2年分の所得税から税率(何%掛けるのか)を知らなければなりません。

 

大まかな数字は昨年の源泉徴収票をみれば確認できますが、今年はコロナの影響で収入も昨年と比べて少なくなっているかも知れません。

 

結論から言いますと

 

同じ年収500万円、保険料控除10万円申請のAさんとBさんでも所得税率は家族の扶養関係などで5%、10%どちらにもなりえます。(年収500円を基準とした平均的な例として)

 

つまり、5%なら5000円、10%なら10000円所得税分が戻ってきます。

(保険料控除10万円の場合)

※所得税分であり、住民税は10%もある。

 

私も昨年よりも年収が下がる見込みです。

保険料控除だけという正確な金額は来月の給料明細には載っていないので、詳しく知りたい場合は管轄の税務署で聞いてみるといいかも知れません。

 

昨年分は源泉徴収票が参考になる

 

令和2年分の収入はまだ確定していないので見積もる必要があります。

 

出所:国税庁ホームページから

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/02_1.htm

 

モデルケースとして比較してみるとイメージしやすい

 

国税太郎さんの年収を参考にしてみるとイメージしやすいのでご自身の年収に当てはめて計算してみましょう。

 

太郎さんの給与所得控除は

500万円×20%+44万円=144万円

給与所得は500万円-144万円=356万円

 

JINジン
JINジン
年収から経費が引かれた分です。

 

出所:国税庁ホームページより

 

年末調整の裏面

 

こちらからも給与所得の金額は求められます。

給与所得は

500万円÷4=125万円×3.2-44万円=356万円

 

年収から控除された分は給与所得といいこの場合は356万円となります。

 

 

 

次に課税所得を計算します。

 

国税太郎さんの場合は所得控除が以下のようにあります。

社会保険料控除60万円+生命保険料控除10万円+配偶者控除38万円+扶養控除76万円+基礎控除48万円=232万円

 

給与所得の金額356万円-所得控除の合計額232万円=課税所得金額124万円

 

JINジン
JINジン
ここで「生命保険料控除」10万円が登場しますがまた後で

 

女性の口コミ
女性の口コミ
所得控除が人によって変わってきます。

 

出所:国税庁ホームページ

 

課税所得が124万円だと分かれば所得税の課税率は5%という事になります。

 

所得税の課税率は所得控除の対象により5%にも10%にもなります。

 

国税太郎さんと年収が同じサラリーマンAさんは扶養控除、特別扶養控除などがない場合

 

太郎さんよりも所得控除が少ないので所得控除の金額は118万円となり、課税される所得金額が238万円となりました。

 

社会保険料控除60万円+生命保険料控除10万円+基礎控除48万円=118万円

 

給与所得の金額356万円-所得控除の合計額118万円=課税所得金額238万円

 

195万円から329万9000円までは所得税の課税率は10%となりました。

 

JINジン
JINジン
保険料控除的には戻ってくる分が増えましたが全体の課税される金額が増えてしまいました。

追求していくとどちらが得なのか?という話となってきますが、所得控除は調整できるものではないのでここでは追求しません。

 

お侍さん
お侍さん
知りたいのは保険料控除の戻ってくる金額推定だからね!

 

 

生命保険料控除10万円控除する為の保険料と戻ってくる所得税と住民税

 

結論にも書いていますが、おさらいとして。

 

生命保険料控除10万円という事は新制度の一般で限度額4万円、介護・医療で2万円、年金で4万円、合計10万円年末調整で控除申請したとします。

 

具体的な保険料は生命保険に10万円、介護・医療保険に2万円、個人年金保険に10万円とします。

 

太郎さんの場合

課税所得は194万9000円以下は5%となる事から

太郎さんの課税所得は124万円です。

所得税5%適用で10万円の控除は

10万円×5%=5000円

が所得税分戻ってくることになります。

また住民税も還元されるので(こちらは28000円+16000円+28000円=上限70000円)

7万円×10%=7000円

合計12000円が戻ってくる金額の目安となります。

 

サラリーマンAさんの場合

 

サラリーマンAさんの場合は課税所得は238万円の為

所得税額10%適用となり10万円の控除は

10万円×10%=10000円

が所得税分戻ってくることになります。

また住民税も同じく還元されるので(こちらは28000円+16000円+28000円=上限70000円)

7万円×10%=7000円

合計17000円が戻ってくる金額の目安となります。

 

女性の口コミ
女性の口コミ
保険料控除を10万円分申請した場合年末調整では住民税は戻って来ないので5000円から10000円程度戻ってくるということになりますね

 

掛け捨てではなく年数と共に支払った保険料が戻ってくるような商品だとちょっとした節税対策となります。

 

掛け捨て保険のメリットは安さであり、節税額以上に保険料負担の軽減にもつながるのでどちらも甲乙つけがたいですが。

 

まとめ

 

給与収入(年収)から給与所得の金額を計算して課税所得を知る知識は知っていると一生役に立ちます。

 

JINジン
JINジン
年末調整の保険料控除の戻ってくる分はだいたい分かってもそれ以外の会社予想の所得税額と今年の所得税額の差違など、見えない部分もあります

 

知ったからと言ってこれ以上所得控除を増やすこともできないので「年末調整では保険料控除を申請」するだけです。

 

少しでもモヤモヤしていたものが解消して頂ければ嬉しいです。

 

※今回のケースは専門家のアドバイスを受けている訳ではなく独断で追求したものであり、間違っている所もあるかと思います。

あくまでも参考程度にして頂き!また間違っている所を指摘して頂けると嬉しいです。

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧