保険

葬式代金は備えていますか?掛け捨て保険と変額保険それぞれのメリットデメリット

ahamo新規・MNP

誰もがいずれは訪れる葬式代金は○百万円と決して安くはありません(ピンからキリまでですが)。預貯金で備えておけばいいのですが、中々あったら使ってしまう方もいますので保険で備えている方も多いでしょう!

 

先日私も直系列の葬儀に参加してきました。祖母が亡くなり喪主は父親が務めたので見積書と資料を見せてもらいました。

 

葬儀にいくら、お墓にいくらなど計算していけば200万円は最低必要なラインでした。

 

亡くなる方が事前に準備してくれていればいいですが、無ければその負担はパートナーや子供達にいくことになります。

 

その辺りは私も結婚してから考えており取り入れたのが「変額保険」です。

 

掛け捨て保険も契約していますが、こちらは子供の養育費と教育費用に備えています。

(子供が独立したら解約予定)

 

ではなぜ葬式代金200万円(予定)を変額保険で準備したかというと

 

掛けた保険料(支払った保険料)が無駄にならないからです!

 

掛け捨て保険はその名の通り保険を使う機会がなければ途中で解約しても支払った保険料が戻ってくる事がありませんが、変額保険だと途中解約した場合には解約返戻金があり(運用次第)契約者が亡くなれば死亡保険金が家族に残せます。

 

投資は投資、保険は保険と言われていますが投資では万が一の保険金は準備できません。

 

我が家の夫婦が契約している変額保険は毎月最低保険料(4000円〜4500円)しか支払っていませんが、お互いに保険金は200万円あります。

 

墓石を新たに買えば200万円では足らないですが葬式代金はお互いにこちらの保険金を活用する予定です。

 

JINジン
JINジン
葬式代金は必ず必要な資金なので投資ではなく保険から準備しておく事です

 

 

支払う保険料と受け取る返戻金と保険金額を知っておく

 

保険に加入するときに大事なのが、総額どれぐらい支払うのか?と。途中で解約したときにどれぐらい戻ってくるのか?保険金額は総額支払う保険料よりも多いのか?を確認しておく事です。

 

また支払う保険期間も55歳で払い済み(支払い終了)になるのか終身(ずっと)で払い続けるのか?理解しておく事です。

 

200万円の保険金額であれば毎月の保険料は5000円以下?

 

保険料と保険金額は年齢や加入年数によって変わってきますので一度シミュレーションしてみるといいですよ。

 

35歳男性の場合だと4500円ほどで200万円の保証が得られます。

 

女性の口コミ
女性の口コミ
掛け捨て保険に比べると高く感じますが葬式代金を積み立てていると思えばいいですね

 

保険のメリットはテコの原理

 

万が一と言ういつ起こるか分からない場合に備えるのが保険です。

投資や預金で2万円積み立てていても来月万が一の事が起これば200万円はすぐには準備できません。

しかし

保険で五千円でも支払っていれば保険金で葬式代金に当ててもらえます。

 

保険では保険会社に手数料が引かれる分投資効率は落ちるが少ない資金(保険料)で大きな資金(保険金)が確保できるので保険も最低限は備えておきたいものですよね!

 

JINジン
JINジン
子供やパートナーがいればなおさら必要ですよね!

 

 

変額保険(終身型)6年目の解約返戻金額および返戻率に関する情報

 

ここでは我が家が加入している変額保険が6年半を経過したので少ない保険料での経過を見てみます。

(保険料が少ない分、多く支払っている方よりも保険会社の手数料が引かれる分投資効率が落ちる)

 

解約返戻金額
(未経過保険料含む)(1)
262,079 変動保険金(積立金)
減額累計額(3)
50,000
既払込保険料(2) 353,886 返戻率(1)÷((2)-(3)) 86.24%

 

保険金額は200万円を維持しているので今亡くなったとしても保険料は約35万円支払っての200万円の保証なので保険に入っておいてよかった!と思えるでしょう。

 

逆に今6年目で途中解約すると支払った保険料よりも戻ってくる返戻金額の方が少ないのでもったいなく感じてしまいます。

(目的は投資で運用ではなく万が一の葬式代金の確保なのでOKです)

 

 

掛け捨て保険は長く加入するのは得策ではない!

 

これが掛け捨て保険だと二千円の保険料で1000万円〜の保証も得られますがいつ亡くなるか分からない事に備え続けらければなりません。

 

安いからと月二千円✖️12ヶ月=24000円✖️50年も継続すれば120万円にもなります(保険料が上がらなければ)

 

そしてテコの原理を大きく利かせているので保証を使わなかった場合はそれまで支払った保険料は戻ってきません。

 

大切なのは目的をはっきりとさせる事ですね!

 

 

まとめると

 

保険で葬儀代金を備えておくことはオススメです。何でもかんでも投資の方がいい訳ではなく使い分けなければいけません。

 

節税効果も保険金にはありますし。

 

掛け捨て保険はどちらかと言うと子育て期間に向いていて、葬儀代金には向いていないように感じます。

 

変額保険は長く持てば老後に解約して現金化することもできるし最低保険金額も決まっているので葬儀代金に向いていると感じます。

 

要は保険は不要ではなく、うまく活用することです。

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧