海外口座

米国の銀行口座であるユニオンバンクを開設。三菱UFJ銀行がサポートしてくれる

海外の銀行口座の開設はその国に行かないと開設できないことが多い中で、日本から手続きをすれば現地に渡航することなく海外の銀行口座を開設することが出来る銀行もあります。

 

その中のひとつが米国のユニオンバンク(Union Bank)です。

三菱UFJ銀行の口座を保有していれば手続きは書面の提出とインターネットでのオンラインバンキングの操作ができればそんなに難しいことではありません。

 

UFJ銀行の口座が無ければ合わせて(先に)開設します。

 

JINジン
JINジン
HSBC香港の口座開設に比べればすごく簡単でした。また英会話ができなくても海外の口座を開設できるのでひとつは持っていると便利です

 

女性の口コミ
女性の口コミ
電話での取引は日本語でも対応スタッフがいます

 

ユニオンバンク日本語ホームページ

https://www.unionbank.com/personal/japanese-services-jp

MUFG三菱UFJ銀行海外口座紹介ページ

https://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/index.html

 

 

 

結論から言いますと

 

日本国内の銀行口座、証券会社で十分間に合っている方には必要ありません!

 

米国の投資に興味があるならば米国の証券口座を開設したいと感じる方もいます。

その場合に送金(証券口座に入金)するには米国の銀行口座もひとつは必要です。その銀行がユニオンバンクです。

※必須ではないが手数料やACHも含めてある方がベター

 

他にも将来的に家族や身内が海外で留学や仕事など旅行も含めて利用するのであれば開設できる時に開設しておくのもいいと思います。

 

ただし、チェッキング・アカウントは給与振り込みや月間平均残高1500米ドル以上なければ口座維持手数料が必要なので、使わないのであれば初めから開設しない方がいいでしょう!

https://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/service.html

 

 

三菱UFJ銀行はUnion Bankと外国銀行代理銀行として取り次ぎしている銀行

 

UFJ銀行にはカリフォルニア・アカウントプログラムという海外銀行口座紹介サービスがあります。

重要事項説明書面にも記載されているように、MUFG Union Bank(ユニオンバンク)と三菱UFJ銀行とは別の銀行です。

 

三菱UFJ銀行は預金口座の開設の取り次ぎのみを行い、口座開設以降はユニオンバンクと直接取引を行います。

 

ユニオンバンク・ジャパニーズ・カスタマーサービスユニットがあります。

日本からフリーダイヤルは00531-11-4864となっております。

 

口座申し込みまでの大まかな流れ

 

流れとしては以下のリンクよりUFJ銀行のホームページに移動して

https://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/moushikomi2.html

 

①「申込書」をダウンロードしてプリントアウトして記入(急ぎの場合)

急ぎでない場合は「資料請求」から申し込みをすれば記入用紙を届けてくれます。

https://www.bk.mufg.jp/ippan/shiryou/index.html

 

②記入後にUFJ銀行に返送(郵送)

パスポートと免許証のコピーを添付して下記の宛先に送りました。

※本人確認書類は2つの書類コピーの添付

 

郵送先

〒530-8780 日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱第38号
株式会社 三菱UFJ銀行
メールオーダーセンター
「ユニオンバンク」係行

覚えなくても書かなくてもプリントアウトした用紙の中に切り取って貼れる用紙があります。

 

郵送から10日前後で口座開設完了の封書がユニオンバンクより届きました。

※ATMカードはさらに10日前後で到着しました。

 

 

口座の種類はセービングアカウントとチェッキングアカウントの2種類

 

セービング・アカウントは主に貯蓄口座、チェッキング・アカウントは決済用の口座です。

 

用途によって使い分けるか口座維持手数料がかからない以上(約1500ドル)預金しておけるならチェッキング・アカウント、私は外貨を外国にも移動しておきたいのでチェッキングの方にしました。

 

口座の開設から60日以上入金がない場合は解約されますので気を付けましょう!

せっかくの申し込みまでの手続きが無駄になります。

 

 

国内銀行からユニオンバンクへの送金方法

 

口座の申し込みは書類に記入して郵送すれば数日後に

・口座開設完了のご連絡

・ATMのKEYやPINナンバーのレター

・デビットカード

・口座開設お取次ぎ完了

などなど4回5回ほどに分けて郵送されてきます。

 

口座開設完了の連絡には口座番号が記載されていますのでユニオンバンクへ国際送金をする準備ができます。

 

国内から送金はトランスファーワイズが安い!

 

国内の銀行から米国の銀行へ海外送金しなければユニオンバンクへ入金できないのですが、何も三菱UFJ銀行からしなければならない訳ではありません。

 

実際に三菱UFJ銀行の店舗に行く事もなく送金できるのがトランスファーワイズです。

 

香港へ海外送金する方法としてトランスファーワイズとペイフォレックスを徹底比較

 

香港の銀行口座に送金した時も比較しましたが、米国の場合は送金シミュレーションの時点でトランスファーワイズの方が安いことが分かったので米国銀行はトランスファーワイズ一択です。

 

続きはユニオンバンクのオンラインバンキング設定はコチラへ

米国へ海外送金する方法としてトランスファーワイズを利用!シンプルで使いやすい

 

 

まとめると

 

口座申し込みを提出したのが15日で口座開設完了の封書が届いたのが27日でした。

 

米国株を米国の証券会社で購入するには米国の銀行口座もひとつはなくては日本の銀行から米国の証券会社に直接入金ができません。

 

✖日本の銀行→米国の証券会社

△日本の銀行→米国の銀行→米国の証券会社

〇日本の銀行→トランスファーワイズ→米国の銀行→米国の証券会社

 

 

出所:三菱UFJ銀行

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧