海外口座

ファーストレード証券と銀行のACH設定がPending(保留中)から手続きが進まない時の可能性

米国の証券会社であるファーストレード(Firstrade)証券の口座申し込みが完了すれば資金(お金)を入金しなければ次のステップ(米国株を売買)に進めません!

 

ファーストレード証券に入金するには日本の銀行口座から直接入金は出来ませんので米国の銀行口座が必要となってきます。

(海外銀行からの送金は早いが手数料がかかる)

 

米国の銀行口座であるユニオンバンクを開設。三菱UFJ銀行がサポートしてくれる

 

対して手数料を無料にできるが反映までに数日かかるのがACH設定です。

(銀行と証券会社をリンクさせる)

 

お侍さん
お侍さん
楽天証券と楽天銀行、SBI証券と住信SBIネット銀行のような関係だね!

 

ACH設定とは

Automated Clearing Houseの略で、日本語では「自動で行うクリアリングハウス(手形交換所)」すなわち自動決済サービスをしてくれます。

クリアリングハウスについての詳細は

日本銀行のサイトへ移動します。

 

銀行の口座と証券会社の口座を紐付けすることで入金出金の手数料を安く(無料)することができます。

 

米国投資を海外口座でする上では必須の制度です!

 

ここでは自分が手続きまでに躓いたところをシェアしています。

参考になれば嬉しいです!

 

 

ACH設定の流れと用意するもの

 

ACH設定の前にお金の流れも開設しておきます。

①一般的な方法

国内の銀行口座→海外送金→海外銀行口座→ACHで海外証券口座に入金

海外送金の際に送金手数料がそれなりにかかります。

 

②海外送金はトランスファーワイズがオススメ

国内の銀行口座→海外送金(トランスファーワイズ)→海外銀行口座→ACHで海外証券口座に入金

とするだけで海外送金手数料が①よりも節約できます。

 

JINジン
JINジン
海外送金会社はペイフォレックスも利用していますが、米国送金に関してはトランスファーワイズの方が安かったです!

 

ACH設定の前にまずは米国銀行口座と証券口座を開設しておきます。

私はユニオンバンクとファーストレード証券にしました。

 

2つの準備が完了すればACHの設定へと進めます。

 

ユニオンバンクの口座でしておくこと!

 

ユニオンバンクでは書類などは郵送されてくるので、オンラインで確認できるように切り替えておきます。

 

合わせて読んで欲しい

ユニオンバンクの郵送設定の変更手続きはこちら

 

今回は明細書(ステートメント)をダウンロードしてPDFで保存しておくだけです。

 

ファーストレード証券で準備しておくこと

 

Firstrade証券のホームページからACH申請用紙に必要事項を記入しておく。

 

これだけです。

ただし、署名(サイン)がなければいっこうに手続きは前に進みません。

 

 

ACH送金についてはトランスファーワイズのホームページにも分かりやすく書かれています。

ACH設定と送金の詳細はトランスファーワイズへ

 

 

ファーストレード証券のACH設定がPending(保留中)から先へ進まない原因

 

ACH設定は、ファーストレード証券のホームページにログインして必要書類を提出(郵送ではなくオンラインでアップロード)しなければなりません。

 

提出書類は2つあり

①ひとつはファーストレード証券のホームページからACH申請用紙の提出

②ふたつめは銀行口座のステートメント(明細書)の提出

 

Firstrade証券のACH申請用紙PDF

http://d4l0yihtmj3iw.cloudfront.net/forms/en-us/achform.pdf?v=20200320

 

 

ふたつの書類が準備できれば申請はファーストレード証券のログイン画面からSeavice→Form Center→Upload Documentへと進み

保存したファイル(ステートメントと申請用紙)をセレクト(選んでアップロード)するだけです。

 

 

ACH設定の現状確認方法

 

Accounts→Deposit/Trancefer→Bank Profileへと進み

 

StatusがPendingのまま1週間、10日経っても変わらなければ何かが上手くいっていません。

 

私も上記2点を記入して提出しましたが、1週間経っても2週間経ってもPending状態から先に進めなくて

「これはおかしいぞ!」何か間違っているな?

と調べて直しました。

※カスタマーセンターに英文メッセージも送りましたが先に解決できました。

 

原因はご存知の通り

 

記入した申請用紙を一度プリントアウトして署名(サイン)と日付を手書きで書いていませんでした。

 

ファーストレード証券の申請用紙の記入はエクセルのように文字入力で進めるので

「記入してアップロードして完了」したものだと勘違いしていました。

 

申請用紙はプリントアウトが必要

 

流れとしては申請用紙に文字入力して記入

→プリントアウトして(プリンターがなければコンビニなどでも可能)サインをボールペンで書き(署名と日付に)

→記入した用紙をまたPDFでデータ化して保存してPCなどから再びアップロード

し直せば2日ほどでPending(保留中)からActiveに変化したと思います。

※記憶が確かであれば

 

 

アップロードが上手くいけば最終段階

 

ACH設定がアクティブな状態になれば送金のテストが行われます。

 

 

ユニオンバンクにログインすれば少額が送金(入金)されている(数日で元に戻る)

上手くいけば2回に分けてテスト送金(少額送金)が行われるので

銀行口座(今回はユニオンバンク)に入金された金額を入力すれば本人確認ができて完了です。

 

ACHできているかの確認

 

試しにユニオンバンクからファーストレード証券へ1000ドル入金してみると

 

4日ほどでファーストレード証券に手数料が無料で反映されていました。

 

まとめると

 

海外口座は慣れるまでがハードルも高く感じますが、資金額が増えてくるほど手数料の差は大きくなります。

 

分からなくなった時はネット検索や翻訳機能を駆使して調べることも経験となります。

 

出所:SBI証券

 

取引手数料は大手ネット証券会社では安くなりましたがそれでも売買を頻繁にしていては手数料が効いてきます。

 

特定口座もなく確定申告が面倒だと感じるか?

手数料が節約できてよかった!と感じるかはまた1年後に報告したいと思います。

 

 

 

 

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。保険、株式、投資信託、ETF、FX,仮想通貨と試してきましたが、海外の生命保険が一番老後に活きてきそうな予感がします。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにとスタートしました。
有料note一覧