ソニー生命

ソニー生命の変額保険の変動保険金を引き出しました

 

ソニー生命の保険商品には変額保険という保険があります。

我が家では2015年に保険料を見直しした時に夫婦それぞれ2名義分契約しています。

きっかけは保険関係の雑誌やネットで情報収集していく中で大手生命保険会社の保険料が更新されていく(保険料が上がっていく)更新型の保険だった訳で、このままでいいのか?と疑問点が浮かび勉強しました。

そして

この保険では退職した時に解約返戻金がほとんど貯まっていないこと!

2000万円の死亡保険金も60歳になる頃には十分の一になっていることに気付いたからです。

このままではダメだ!と思いました。

そこで利用したのは「無料の保険相談所」でした。

店舗型ではなくてインターネットから申し込みするタイプです。

〈PR〉

 

 

どんなプランを提供してくれるのか?

ライフプランナーの話を聞いてみることが狙いでした。

そしてこれがソニー生命との出会いです。

お侍さん
お侍さん
まずは知ることが大切やな

 

当時の私はお金に対する知識はもちろん、保険に対する知識もなかったので契約する為!というよりは学びのつもりでした。

お侍さん
お侍さん
無料相談の使い方は契約されると疑いつつ知りたいことを答えられるか試してね

結局、お会いした販売員の人柄が非常に良い人でその時に契約したのが

ソニー生命の変額終身保険です。

 

変額保険について

変額保険とは生命保険の一種で払い込まれた保険料の運用実績に応じて

満期保険金や解約返戻金の額が変動するものです。

死亡保険金について最低保証が保障されているので途中解約しない限りは支払った保険料より損はしないシミュレーションでした。

具体的には死亡保険金200万円に対して月々の保険料は約4500円×12ヶ月=54000円(年間)

35歳から60歳までトータル25年支払うので

54000×25年=約135万円で払い済みです。

終身保険なので60歳以降も保障は残せます。

135万円の支払いで生涯の保障されているので契約後はいつ死亡しても200万円の保険金は最低保証されることになります。

仮に解約したとしても65歳の時点で解約返戻金が135万円(3.5%のシミュレーション)になるので一時金が欲しければ売ることもでき保険を続けることもできます(60歳で保険料は支払い済み)

1000万円の保険金も基本的には同じで毎月の保険料が約5倍になります(4500円→22500円)

※私は他の保険で死亡保障はカバーできているので200万円にしています。

ソニー生命の運用実績は

ソニー生命には8種類の特別勘定(とくべつかんじょう)があります。

特別勘定とは・・・

国内や海外の、株式や債券などで運用するファンドのこと。運用成果を直接契約者に還元してくれます

  • 株式型
  • 日本成長株式型
  • 世界コア株式型
  • 世界株式型
  • 債券型
  • 世界債券型
  • 総合型
  • 短期金融市場型

の中から自分で配分と比率を選択できるようになっています。

私が選択している特別勘定の運用実績は今のところ約10%ありました(2018年7月時点)。

H30,8月時点での世界株式100%は12%だったので妻名義も減額引き出し済み。

この運用実績は上がったり下がったりを繰り返すので今回始めて引き出してみることにしました。

※2018年10月確認では新規契約の変額終身保険では世界株式には50%までしか組み入れることはできません。

 

変動保険金の引き出し方(減額の仕方)

・まず保険金の引き出しができるのが

「変額終身保険(終身、有期)A型」と「変額個人年金保険」の2種類です。

実際には引き出しとは言わず「減額手続きがしたい」と連絡する必要があります。

この「変額保険金(積立金)」の減額が出来るのは1年に2回までなので何度もできるものではありませんのでタイミングが重要です。

①インターネットからお客様WEBサービスを登録している方は②へ、

登録していない方は

⑨ソニー生命契約時の担当者かカスタマーセンター(0120-158-821)へ連絡します(変動保険金確認後は⑨へ移動します。)

②ログイン後、契約内容照会→変額/外貨詳細情報→変動保険金額確認

運用益が引き出せる額が(1万円+毎月の保険料)なので

変動保険金額が18500円で毎月支払い保険料が4500円だとすると

18500-4500=14000円が引き出し(減額)可能額になります。

正確には日々価格が変動しているので一定額(14000円)引き出す!

限度額いっぱい引き出すなどは選択できます。

③減額手続きはWEBサービスから出来ないので⑨に移動します

今回私は、カスタマーセンターへ連絡しました。

電話をすると

どのようなご要件ですか?

と聞かれるので

変額保険の減額手続きがしたい

と伝えます。

手続きは郵送か電子請求書(WEB)どちらになさいますか?

と聞かれますので

電子申請書(Web)でお願いします。

これで電話は終了です。(電話内で本人確認がありました)

その後は登録のメールアドレスにメールが届きます。

あとはメールに記載のアドレスに移動後、再度ログインして手続きすれば完了です。

 

まとめ

この変動保険金の運用利回りは日々上下を繰り返すのでプラスの時に一旦減額(引き出しておく)ことは大事だと感じました。

世界株式で運用しているのでアメリカの経済状況に影響されているので株価が下がると運用益も当然下がります。

株式にも利食い千人力という言葉があるように利益確定することで14000円の利益になりましたが放置しておくと利益がなくなることもあります。

引き出すことのデメリットもこの「変額終身保険」ではないと思っている(解約返戻金に影響はあるが保険金額は最低保証されている)ので運用実績が好調な時は減額処置は有効なので是非チャレンジしてみてください。

 

※妻名義も先日引き出しましたが、私より少ない保険料で満額引き出したら18000円入金されていました。

変額保険のいいところです。

しかし返戻率に波があるので増えるときは増えるけれど、下がるときは運用益が一気に無くなります。

生命保険で増やすのは現在の国内保険では無理です。

最低限の保険金は私の場合、終身で200万円あります。支払いは60歳払い済みで総額保険料は約130万円です。

総額保険料は上げすぎないことです。私は残りを

世界株式と似た運用先のETFや投資信託を購入して分散しています。

ソニー生命変額保険の世界株式の運用先はどんなところか?現状と今後の考え方

国内では最低限の保障で十分、年末調整の生命保険料控除の枠(年間8万円)以上はいらないでしょう。

ANAの機内でソニー生命保険のライフプランナーの番組があり資産形成の正しい知識の重要さを実感

最後までご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME
サラリーマンJIN ジン
管理人の30代サラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産形成中。2018年から投資信託も開始、海外の生命保険や海外の銀行口座からも分散投資し外貨にも振り分けています。ブログの中では実際に体験や経験したことをこれから始める人々の役に立てるようにと開始しました。
メール相談はコチラから






 

 

追加だけではコチラからは分からないので、一言メッセージかスタンプをお願いしますm(_ _)m

友だち追加